​高知県なかとさ町観光情報 ≫ 移住 ≫ 支援事業

中土佐町で活用できる支援補助

《就業支援》
小さな工場

農業

担い手支援事業

○対象者:15歳以上65歳未満の就農希望者
○研修期間:最長2年間
○栽培作物:施設園芸(ニラ、インゲン、シシトウ)、露地栽培(生姜)

給付金

最大15万円/月

木製カフェインテリア

起業

空き店舗活用改修補助金

補助対象に要する店舗の改修費の2/3の費用を補助します。

改修補助

上限100万円

漁網

漁業

自営漁業者育成事業​(長期研修)

地元のベテラン漁師さんを指導者として、技術習得研修(1年以内)及び研修終了後の経営安定に向けた支援(1年以内)を受けることができます。

研修期間中の生活支援金

上限15万円/月

チャレンジショップ画像.jpg

起業

チャレンジショップ 久礼大正町市場

空き店舗を一定期間貸し出し、本格的に商売開業前に独立までのノウハウを学んでいただく施設です。久礼大正町市場からすぐ近くの好立地!

家賃(水光熱費は実費)

5000円/月

ケーキのデコレーション

起業

空き店舗活用支援事業

補助対象に要する店舗賃借料(敷金及び礼金は除く)として賃借料を補助します。

家賃補助

上限3万円/月

《住宅支援》
空家バンク画面.jpg

空き家バンク

中土佐町​空き家バンク制度

町内の空き家情報の提供、案内を行っています。

賃貸・売買

家賃1万円/月〜

木造住宅フレーミング

耐震助成金

耐震診断・耐震設計・耐震改修助成事業

木造住宅の地震対策を推進するため、耐震診断・耐震設計・耐震改修助成事業を実施しています。

改修補助額

上限122.5万円

燃えがらブロックのスタック

ブロック塀補助

ブロック塀の耐震対策(撤去など)

地震時のブロック塀の倒壊等による被害の軽減を目的として、ブロック塀等の安全対策を支援しています。

補助額

最大40万円

家族の時間

中間管理住宅

中土佐町定住促進中間管理住宅

町が空き家を借り上げ、耐震化や水回りなどの改修を行い、その後13年間、町が管理するとともに、移住希望者や定住希望者へ公的住宅として貸し出しをしています。

定期借家

家賃2万円/月〜

家の所有者

住宅取得補助金

住宅取得支援事業補助金

町内にマイホームを取得する新婚世帯と子育て世帯を支援します。
※建物の取得費用が500万円を下回る場合は交付対象外となります。

補助額

上限150万円

仕事中の作業員

空き家改修補助金

移住者及び子育て世帯等改修費補助金

中土佐町への「町外移住者」「子育て世帯」「新婚世帯」「単身」「地域おこし協力隊」及び住宅を提供される「所有者」が行う住宅改修に要する経費を対象に補助します。

改修補助額

上限185.7万円

浴室のタイル

浄化槽設置補助

​合併処理浄化槽設置の補助

新築・改築で合併処理浄化槽を設置しようとお考えの方に、設置費の一部を補助します。翌年度に設置予定の希望調査をもとに、申し込み順に補助をいたします。

補助額

最大54.8万円

《子育て支援》

こどもの医療費の助成

中学校卒業前までの間に入院、通院された場合の医療費の一部(保険診療分の自己負担額)を助成します。

これにより、中学卒業までは保険内医療費の実質負担は無料になります。

《対象者》

父または母などの加入している国保その他の健康保険の扶養家族として認定されている、次の条件に該当する子ども

  • 中土佐町にお住まいであること

  • 中学校卒業前(15歳に到達する日以降の最初の3月31日まで)であること

問い合わせ先:中土佐町健康福祉課 電話:0889-52-2662

 

3歳〜5歳の保育料等の無償化

令和元年10月1日から、3歳から5歳までの保育所、認定こども園、幼稚園などを利用する子どもたちの利用料が無償化となりました。

(0歳から2歳までの住民税非課税世帯の子どもたちも対象になります。)

問い合わせ先:中土佐町教育委員会 電話:0889-52-2661

0歳〜2歳の保育料等の軽減措置
第2子目の保育料半額、第3子目以降の保育料を無料にします。(同時入所に関わらず軽減あり)
(中土佐町保育料等軽減実施要綱に基づく)

問い合わせ先:中土佐町教育委員会 電話:0889-52-2661

不妊治療費助成事業
不妊に悩むご夫婦の経済的負担を軽減し、町の少子化対策の充実を図るため、医療保険が適用されず
高額の医療費がかかる不妊治療に要する費用の一部を助成しています。

問い合わせ先:中土佐町健康福祉課 電話:0889-52-2662

妊婦一般健康診査
○母子健康手帳交付時に、県内の医療機関で利用できる妊婦一般健康診査受診票(14回分)をお渡ししています。
○里帰り出産の場合も、受診料の償還払い制度があります。
※健診料が公費助成の上限額を超える場合は、超過分は個人負担となります。

問い合わせ先:中土佐町健康福祉課 電話:0889-52-2662

新生児聴覚検査
○母子健康手帳交付時に県内の医療機関で利用できる新生児聴覚検査受診票(1回目・再検査)をお渡ししています。
○里帰り出産の場合も、検査費用の償還払い制度があります。
※検査費用(AABRに限る)が公費助成の上限額を超える場合は、超過分は個人負担となります。

問い合わせ先:中土佐町健康福祉課 電話:0889-52-2662

乳児一般健康診査
○出産届出時に、県内の医療機関で受診できる乳児一般健康診査受診票(2回分)をお渡ししています。(1歳のお誕生日の前日まで)
○里帰り出産の場合も、受診料の償還払い制度があります。
※健診料が公費助成の上限額を超える場合は、超過分は個人負担となります。

問い合わせ先:中土佐町健康福祉課 電話:0889-52-2662

乳幼児健康診査
お子さんの心身の健やかな成長のため、町による乳幼児の健康診査を実施しています。
○乳児健診
乳児前期:3~7ヶ月児対象、乳児後期:8~11ヶ月児対象
○1歳6ヶ月児健診 1歳8ヶ月~1歳11ヶ月児対象
○3歳児健診     3歳6ヶ月~3歳9ヶ月児対象

問い合わせ先:中土佐町健康福祉課 電話:0889-52-2662

中土佐町子育て応援事業
お手続き頂いた養育者に対して、「ニコニコ赤ちゃん券」(1,000円の助成券)を4回に分けて交付します。町内登録店舗でオムツを購入する際は、券を利用していただくことで、助成します。(最高8万円)
※券の有効期限は対象の赤ちゃんの2歳の誕生日の前日まで。

問い合わせ先:中土佐町健康福祉課 電話:0889-52-2662

子育て支援センター
0歳から就学前のお子さんへの遊び場の提供をしています。

問い合わせ先:子育て支援センター 電話:0889-52-2131

育児相談
お子さんの発育・発達の相談や、他のお母さん方との交流を目的に、育児・母乳相談、身体計測を行っています。妊婦さんも参加できます。(月1回実施)

問い合わせ先:中土佐町健康福祉課 電話:0889-52-2662

一時保育
保育所に入所していない生後6ヶ月以上のお子様を1日または半日お預かりしています。

【場 所】久礼保育所内

【利用時間】8:30~16:30

【利用料金】 1日:2,000円 半日:1,000円

問い合わせ先:中土佐町健康福祉課 電話:0889-52-2662

学童保育・放課後学習室
各学童保育会もしくは久礼小学校・各中学校が運営しています。

中土佐町奨学資金制度
経済的理由によって就学困難な方に対し、奨学金として学資金の一部を貸与します。

《奨学生申し込み資格》

本町に住所を有し、高校・大学に進学する者及び現在在学中の者。
※各種専門学校は該当しません。
※ただし、中土佐町の事務及び事業における暴力団排除に関する規則(平成24年中土佐町規則第26号)第2条第2項第5号に規定する排除措置対象者を除く。

《貸与額(月額)募集人員》

大学       30,000円 若干名

短期大学     20,000円 若干名

国立高等専門学校 20,000円 若干名

高等学校     15,000円 若干名

《申し込み時期》

毎年1月中旬から2月下旬まで申し込みを受け付けています(回覧等でお知らせします)。 年度途中の申し込みは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。

《奨学金の返還》

奨学生は、修業期間満了後1年を経過した月から毎月その貸与月額と同額を最短修業期間に相当する期間内に返還してください。また、全額または数箇月分を一括して返還することもできます。無利息とします。

問い合わせ先:中土佐町教育委員会 電話:0889-52-2661

高等学校等生徒通学費等助成事業
高等学校又は高等専門学校に就学する生徒の通学費や家賃の一部を助成します。
※未成年に限り、最長3年間。

《助成対象経費及び助成額》

自宅から通学している場合は、公共交通機関の定期乗車券購入に要した費用の2分の1以内とし、1ヶ月の助成の額は、8,000円を限度とします。
寮及び下宿又は賃貸住宅等を借り上げている場合は、寮費、下宿代費用の2分の1以内とし、1ヶ月の助成額は8,000円を限度とします(食費は含まれません)。

問い合わせ先:中土佐町教育委員会 電話:0889-52-2661

中土佐検定(小中学生対象)
脳を鍛え心を育てる「中土佐検定」。基礎学力の定着を図るため、読み書き計算のトレーニング及び認定試験を実施しています。