日本遺産「四国遍路」トレッキング体験

全行程 3時間

IMG_3113.JPG

日本遺産に登録されている聖地巡礼四国遍路。通常、阿波・土佐・伊予・讃岐の四国を全周する全長1400キロと数か月を要する遍路を一部体験していただきます。

 

第36番札所青龍寺から第37番札所岩本寺」の中間にある「添蚯蚓(そえみみず)」という昔からの遍路道をガイドと共に約4.8キロのトレッキング、心身ともに清めていただきます。

 

1200年を超えて継承された遍路を肌で感じてください。高知県高知市から車で約1時間30分の高知県中土佐町久礼からのスタートです。

体験

​できること

含まれているもの

​お遍路ガイド

お遍路の水(四万十川源流からくみ上げた水)

菅笠(遍路用被り物) 金剛杖(杖) 輪袈裟

遍路道は勾配があるため足の不自由な方、体調のすぐれない方などはご参加をご遠慮ください。 天候等の理由により不催行の場合がございます。その場合は事前にご連絡いたします。

必要な持ち物

動きやすい服、靴

ハンドタオル

その他

の​留意点

第36番札所青龍寺から第37番札所岩本寺」の中間にある「添蚯蚓(そえみみず)」という昔からの遍路道をガイドと共に約4.8キロのトレッキング、心身ともに清めていただきます。1200年を超えて継承された遍路を肌で感じてください。ご希望に合わせ「お遍路弁当」もご用意いたします。

体験

実施場所の紹介​​