【四万十川・高樋沈下橋】大野見地区

​高樋沈下橋

四万十川本流最上流の小さな沈下橋が高樋沈下橋(たかひちんかばし)。用水路のように流れる四万十川に架かかっていますがかつては川が増水すると木製は流出し遠くまで橋を拾いに行くこともしばしばだったとか。昭和40年に架橋された橋でそれ以前には農業用水の頭首工(取水堰)があった場所です。

久万秋沈下橋

久万秋(くまあき)沈下橋は、四万十川本流に架かる第2番目の沈下橋。中土佐町大野見の久万秋集落と奈路集落を繋ぐ沈下橋で、昭和39年に架橋された。橋長49.0m、幅員3.0m。

​長野沈下橋

長野沈下橋は、昭和40年に架橋された四万十川本流に架かる第3番目の沈下橋である。大野見地区を流れる四万十川の最下流に架かる沈下橋。右岸は槇野々集落、左岸は長野集落。橋長32.0m、幅員1.5m。

一般社団法人なかとさ観光協会

〒789-1301 高知県高岡郡中土佐町久礼6370ー2

​久礼大正町市場内

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
Copyright© Nakatosainfo, Inc. All rights reserved.
infologo(仮).png