【日本文化遺産四国遍路「添蚯蚓」】久礼地区
sosoemizu.JPG

貴重な先人の足跡を残した遍路道。日本文化遺産にも指定されており、中土佐町久礼長沢から四万十町床鍋(七子峠 293m)に至る中世からの幡多路への通り道で あった往還で約5kmあります。

「16歳の龍馬が父親と共に歩いた」という逸話も残されており、道中には「お奈みさん」と土地の人に語り伝えられる遍路墓や、峠付近には明治時代まで茶屋があった庵跡があります。

今は黒竹林となっている庵跡はその昔、修行中の空海が久礼湾上の月を賞して「海月庵」という庵を結び、地蔵菩薩と自坐像を刻んだという空海修行伝説の地でもあります。

ohenro.jpg